2007年07月03日

ドルフィンブルー(試写会)

ドルフィンブルードルフィンブルー』沖縄美ら海水族館で起きたトゥルーストーリーらしい。
イルカって良いね〜。
水の中をスイスイ泳ぐ姿にウットリ。
ストーリーとしては、もう少しシンプルで良かったんじゃないかなぁ。
松山くんの彼女やみつきちゃんの役柄って本当に必要だったの??

人工尾びれのイルカがいるっていうのはテレビで見た事あるけど、そこに行き着くまでに色々な葛藤や努力があったんだなぁ。。。
エンドロールのフジがお茶目で可愛かった!
どの映画でもそうなんだけど、エンドロールが流れ出した途端に席を立つ人が結構いてもったいないなぁと思う^^;
posted by ひろ at 23:25| 熊本 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そう!終る前に席をたつのはどうにかしてほしい!
エンドロールまで含めて映画なのにね。
邪魔だし、失礼だよね。

Posted by ふるちゃん at 2007年07月04日 12:17
泣ける映画では、なかったの??
最近、泣ける映画みたくて・・・。

しかし、最後まで見て、明かりがついてから、席は立ってほしいよね。
Posted by テンテン at 2007年07月08日 04:52
>ふるちゃん
感慨にひたる間も無く、一気に現実に引き戻されますもんね〜。
試写会の場合は特に多くて残念です。

>テンテンさん
良く泣く私でもホロリ・・・くらいでしたね^^;
泣ける映画、『フラガール』『星になった少年』あたりはいかがですか?
Posted by 三女 at 2007年07月09日 11:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。