2007年06月04日

迷子

日曜の夕暮れ時。
仕事も一段落して、さてコーヒーでも飲もうかなぁと思っていたら、
「すみません、近くの交番の電話番号わかりますか?
玄関に迷子になったおばあちゃんがいるんですけど・・・。」
と入院患者のTさん。

迷子!!?
玄関に行くと、体の小さな可愛らしいおばあちゃんがいた。
どうやら散歩中、道に迷ってしまったらしい。
住所や電話番号を聞くがわからない様子。
所持品は帽子とタオルが一枚のみ・・・。

院長に連絡後、交番に電話するが、通話中で全く繋がらない。
日はどんどん暮れていき、辺りは真っ暗に。
『大丈夫です。タクシーを呼んでもらったら帰れます。
警察のお世話になったら嫁さんからまた怒られます・・。』
とおばあちゃんが外に出ようとするので、
「今からタクシーを呼ぶから、もう少し中で待ってて(嘘)」と慌てて引き止める。
おばあちゃんにあれこれ聞いてみると、自分の名前と年齢、息子さんの名前、家族構成ははっきり答えてくれた。
『嫁さんから首から提げる札を作ってもらったんだけど、ちょっと散歩のつもりで忘れてきちゃった。』
・・・何度か迷子の経験があるみたいね^^;

息子さんの名前を電話帳で調べて、電話をかけてみた。
住所もここから近いし、きっとこのお宅に違いない!!!

“お掛けになった電話番号は、現在使われておりません・・・”

Σ( ̄□ ̄|||)ガーン!
院長と共に、ちょっと凹む(苦笑)

そうこうやっているうちにやっとおまわりさん登場。(遅いよ〜)
『お世話になりました』とおばあちゃんはペコリと頭を下げておまわりさんと共に去って行った。


・・・住所や電話番号は忘れても、怒られた事はしっかり覚えているんだなぁ。
なんか切ない。
posted by ひろ at 12:40| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
怒っちゃいかんよなぁ。
萎縮してますます何も言えんごとなるもんな〜。
体裁だけで怒られるばあちゃんが可哀想(T_T)
Posted by ふるちゃん at 2007年06月04日 13:15
>ふるちゃん
細かい事情は全く分かりませんが、つい怒ってしまうお嫁さんの気持ちもわかるような気がします・・・。

『(先生は)愛想が無かね〜』と言うおばあちゃんの言葉に思わず吹き出しました(爆)
Posted by 三女 at 2007年06月04日 23:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43827565
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。