2008年08月07日

さようなら

071021_082809.jpg2.jpgリキ爺さん犬虹の橋へと旅立ちました。

お爺さんになっても、自分よりも強そうな(大きな)犬を見かけると歯を剥き出して今にも飛び掛りそうな勢いで威嚇。
自分より弱そうな犬は(相手がどんなに吠えても)完全無視ダッシュ(走り出すさま)
ランが毎日懲りずに飛び掛っても、「ガルッむかっ(怒り)」と一喝するのみぴかぴか(新しい)
ランが脱走した時は、素早く追いかけて小屋に追い詰めてくれた。

家族以外にはなかなか懐かなかったけど、男らしくてすごく頭の良いワンコでした。
もう少し仲良くなりたかったな・・・。
posted by ひろ at 22:33| 熊本 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
老衰だったのかなぁ… 
最後までプライド高い、かっこいいワンコだったと思います涙
Posted by chiemin at 2008年08月10日 20:42
>chieminちゃん
腎機能が悪くなっていたみたい。
リキ爺さんは本当に男の中の男でした。。。
Posted by ひろ at 2008年08月13日 17:36
知らなかったのよ・・・

老衰だったのね。
これからの旅も男らしい旅になるのでしょうね♪
Posted by あらいくん at 2008年08月17日 21:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。